PAGE TOP↑
人間の力が組織をつくる
資源の少ない日本にとって、唯一豊かなもの、それは人の能力です。
一人一人の無限の可能性に溢れた頭脳と心が未来を創りだすと私たちは信じています。
スタッフ個々の日々の地道な研鑓と、ノウハウの蓄積により未来を先取りする先見力が生まれ、
新しい技術が開発され、これを活かし、お客様のお役にたつ。
これが結果的には社会に貢献することに繋がっていきます。
私ども独自の技術力とフレキシブルな体制はこうして培われてきました。
社員一人一人が企業を自己表現の場として、自ら目標に向かって磨くことができるように
私どもはあらゆる努力と投資を続けています。
確かな組織は個々の人間の力が結集されてのみ築かれて行くからです。
建設仮設資材販売部門
丸セパ、フォームタイ、セパストップ、面木・目地棒等の型枠部材、
チェーン、ターンバックル、鋼管類、釘類、はく離剤、土納袋、
Fデッキ、大工工具類
リース部門
パイプ・サポート他、フォームタイ、チェーン、タ-ンバックル、
ネラガミクランプ、角受タイ 、鉄筋養生マット(LB.0S)
工事部門
コン止めラス他
独自のシステムで真似のできない
フレキシブルな体制
フォームタイ及びその他のリース商品の修理に関しては、創業以来50年のノウハウを活かし、独自に修理マシンを開発。
高品質のメンテナンス・迅速な処理を実現しています。
また、デリバリーにはプロパーの要員を採用することにより、業界初の2交替制を導入。注文後翌朝一番納品という フレキシブルなシステムを確立しました。営業体制は徹底した現場密着型を基本方針としています。
各営業マンは口頭だけではなく現場に同行し、現場作業員に密着しての指示・確認を行いアドバイザースタッフとして 活躍します。これにより、ミスのない確実な仕事を実現しています。
また、建設資材ストックはコンピュータにより搬出入・修理・保管までをトータルで管理。迅速・確実な能力を誇っています。
こうして、営業・職人・総務スタッフがそれぞれにより、生産性・効率性の向上をつねに考え、お客様のニーズにいかに的確に 応えられるかを命題として、よりよいシステムづくりに邁進しています。
昭和42年
クランプ他 仮設材等の修理業務を開始。
昭和48年
フォームタイ、チェーン、タンバックル等のリース業務を開始。
昭和55年
雑金物販売業務を開始。
昭和57年
セパレータの製作を開始。
昭和58年
パイプ・サポート及びリース業務を開始。アルミ桟型枠のリース業務を開始。
昭和59年
ラス型枠工事請負業務を開始。スタット、インサート工事業務を開始。
 
デッキ、ビームの販売及び施工業務を開始。
平成  7年
錠前関連の修理及び販売業務を開始。
平成11年
セパストップ、だっこちゃんの製作を関連会社にて開始。
平成13年
仮設足場等のリース業務を本格開始。イッパツくん販売開始。
平成15年
クラウンサポートの販売を開始。
 
仮設足場ミレニュームのリース及び、足場工事を開始。
 
クラウンハンドルの販売を開始。
平成16年
クラウンハンドル用ホルダーの開発、販売を開始。
平成23年
ゼロホルダーの開発、販売を開始。